投資アプローチ

投資哲学と投資プロセスによる当社の独自性について

グローバル・エボリューションの独自性について

進化(エボリューション)によるアルファ

当社の投資哲学はグローバルな産業資本主義の進化により、全く新しく、驚くような、まだ知られていない投資機会が生み出されているという信念に基づきます。しっかりと納得のできるベンチマークに依存しないアプローチで、より広く、より様々な国に焦点を当てながら、最高のアルファを提供するように努めています。

積極的なインパクト投資

我々は従来の枠を超えたインパクト投資をすることにコミットしています。それにより途上国が貧困から浮上することを助けます。我々は国連の責任投資原則に署名している会員であり、日々変化する環境、社会、ガバナンス(ESG)についての当社の考えは、投資判断をするプロセスに深く組み込まれています。

一たす一は二以上になる

我々は、週次の投資委員会を通じて、システム化した集合的な判断プロセスはアルファを創造すると信じています。集合的なオーナーシップ文化はまたスタッフ持続性につながり、当初のチームは20年以上にわたり一緒に働いている。

市場に近いトレードの文化

ポートフォリオ マネジャとトレーディングの複合により、特に未発達の市場においてはタイムリーな判断と、情報優位によって、アルファを創造します。調査とトレーディングのプロセスは多くの国別訪問によりサポートされ、さらに現地のトレーディングおよび政策当局者とのネットワークの育成に寄与します。

独自の情報システム

長年にわたり、我々は幅広い国債ユニバースにおいて、相対比較分析、リスク管理とポートフォリオ分析を素早く、完全に行うために、独自の情報システムを、発達させ磨きをかけてきた。

投資目的

グローバル・エボリューションは、ダイナミックな改善が進む新興国とフロンティア経済を、グローバルな視点で継続的に調査し選択することによって、高いリスク調整後リターンの機会を見つけることを通じて、長期の競争力のあるリターンを投資家に提供することを目的とします。

我々が投資対象とする各国はそれぞれに特徴のある投資機会とリスクを持ちます。我々は規律に基づく調査による見通しとアクティブ運用により最も効果的に超過リターンと独特のリターンを提供できると考えます。そのリターンにより投資家は、先進国のグローバル株式・債券からでは得られない分散と相関のメリットを獲得できます。投資アプローチはアクティブで、規律のある、見通しに基づく、ファンダメンタルなトップダウンで、リスク管理に焦点を当てています。

投資プロセス

すべての投資戦略は投資アイデアを継続的な意見交換とデータの収集と徹底的な分析により生み出し、投資運用チームが共同で運用します。週次の戦略会議ではグローバルのマクロ経済、政治・経済トレンドおよび市場要因などを分析しリスクフレームワーク全体を構築します。

投資対象ユニバースの市場それぞれについて、マクロ経済や政治的な状況を分析し、継続的に投資機会を見つけ出します。ダイナミックに改善する国を探すため、個別の国の詳細なリスク認識するため、そして詳細なデューデリジェンス訪問など継続的な分析をサポートするために、独自開発のシステムを使用します。

魅力的な投資機会を発見した場合、各国に関する我々の見通しを最も良い投資アイデアとして最適に表現するため、独自の相対価値モデルを用います。

ポートフォリオ構築は上記のリスクフレームワークを用いて、見通しに従って全体としての投資ガイドラインに適合したリスク配分を実行するため、個別国と個別証券の額を、確度、市場規模、流動性、タイミングを考慮します。