インパクト投資

投資家の皆様とのパートナーとして、従来の枠を超えたインパクト投資、そして投資先各国が貧困から抜け出すプロセスをサポートします。

国債を通じたインパクト投資

投資家の皆様とのパートナーとして、グローバル・エボリューションは従来の枠を超えたインパクト投資、そして投資先各国が貧困から抜け出すプロセスをサポートします。

マクロ経済的な持続性をもたらし、生産性の向上、電力、健康、水資源、安全、運輸、学校などのインフラの充実は貧困レベルを改善する著しいインパクトがあり、そのような資金調達をサポートします。

グローバル・エボリューションでは、国債投資と環境、社会、ガバナンス(ESG)指数の関係に関する徹底的な調査を行いました。そして国債の調達コストとESG、特にガバナンスには明確な相関があることを確認しました。投資家がもしESGのダイナミクスを統合しないのであれば、それは重要な情報を犠牲にすることになるでしょう。

さらに当社の年間15ヶ国以上のミッションを通じて、現地でポリシー政策に携わる担当者と戦略について詳細におよぶ話合いをすることで、素早く、そして持続可能な経済発展を促す資金調達戦略を最適化しています。

ESGの重要性

グローバル・エボリューションでは投資家やアドバイザーにとっての、環境、社会、ガバナンス(ESG)を考慮することの重要性を認識しており、当社の世界中のお客様がそれぞれのESG目標を達成することをサポートします。

強力で統合された、積極的なESGアプローチは現代の市場で運用する資産運用会社にとっての必要条件になっており、多くの機関投資家にとって重要な選定項目になっています。

我々の重要な計量調査努力によって、投資プロセスの一環としてESGダイナミクスを考慮することに重要なビジネス的な意味合いを見つけました。ESGダイナミクスはリターンと相関があり、つまりESGとリターンをつないだのです。

グローバル・エボリューションは国連の責任投資原則と国連のグローバル・コンパクトの積極的署名者で、ESGダイナミクスと投資プロセスの統合の関連分野について継続的に調査を公表しています。

グローバル・エボリューションはまた国連PRIのクレジット格付けアドバイザリー委員会の議長に選ばれており、ESG要素を積極的に考慮しております。

グローバル・エボリューション ESGの統合

グローバル・エボリューションはインパクト投資とESG持続性を投資アプローチの統合された一部として戦略的にコミットしています。我々のESG統合アプローチとして、ESGダイナミクスを各種の独自開発の計量経済モデルを通じて投資プロセスの全体に組み入れています。

新興国・フロンティア市場の全体について、当社では独自のESG格付け、ESG調整信用格付け、およびESGダイナミクスを基にした国債スプレッドと為替の確率的評価シグナルなどを構築しております。

当社はESG国債調査とESG国債投資の統合に関しておそらく先頭をいくものと考えます。世界銀行、国連および他の関連機関と密な協力と独自のESG調査と通じて、啓もう活動にも積極的に関与しております。

ESGレーティング

グローバル・エボリューションではすべての新興国・フロンティア国について独自のESG格付けを付与しており、100を超えるE,S,G項目について継続的に評価しております。当社のESG格付けは独自のESGシミュレーターにより計算され、独自ITシステムに統合されており、投資プロセスの重要な情報として貢献しています。

ESG格付けは、複数の変数と加重変数と、当該国の経済持続性と社会経済発展に重要な影響がある指標のシミュレーションを通じて最適化されます。その意味合いで、ESGダイナミクスは持続的な経済発展を通じて長期の国債投資につながります。

ESG格付けは当社の投資プロセスへの情報であり、当社の計量価値分析モデル、および格付けモデルへの継続的な入力として用いられます。

スクリーニング・モデル

対象国債市場のモニタリングの一環として、スクリーニング・モデルを運用しております。これによりガバナンスの持続不可能な状況などを示す国のネガティブ・ウォッチリストが作成されます。

主要指標はベンチマークとして使用されます:例えば政治的権利、市民権、民主制度、汚職、脆弱国家指標および、国際金融機関が当該政府への関与に前向きかなど。この指標が悪化した場合には投資可能ユニバースから外れる場合があります。

我々は「ムチ」よりは「人参」アプローチを好み、当該政府が国民の多数への利益となるような行動を促進したいと考えます。しかし、政府の不作為の最も極端な例においては、我々は積極的関与の戦略は避けます。

評価モデル と 格付けモデル

評価モデル:
ファンダメンタルなマクロ経済と金融、ESGファクターを統合した当社の評価モデルによって、グローバル・エボリューションでは、国債のクレジットスプレッドと為替の評価のシグナルを算出します。モデルは関係する新興国・フロンティア国ユニバースに対して計量経済パネル近似に基づき、ファンダメンタルのクレジットスプレッドと為替の市場の価格水準に対する適正価値を比較します。モデルは価値のシグナル割高/割安/適正をシミュレートし、さらにその統計的重要性を計算し、クレジットスプレッドおよび為替の変化の先行指標として投資プロセスに伝える。

格付けモデル:
格付けモデルは、マクロ経済、金融およびESGファクターを用いた評価モデルの試算したファンダメンタルのダイナミクスを用いて、高頻度でクレジット格付けを試算する。このようなファンダメンタルの高頻度ダイナミクスは公式および低頻度のS&Pやムーディーズの信用格付けを調整すること、およびまだ公式評価のない国の格付け推定に用いられる。このような独自の方法論により、公式格付けでは補足されていないファンダメンタルにより信用格付けの引き上げ・引き下げ月次の先行指標を提供し、結果として投資プロセスに国債価値のタイムリーな情報を提供する。

ESGフィードの説明